繊維企業の方へ

産地の学校は、「スタディコース」と「ラボ」という2つのプログラムにより
これから産地に入って行きたい方、繊維企業と直接仕事を始めたい方、産地ともっと深い付き合いをしたい方を対象とした、「人材育成」「人と企業のマッチング」を学校の大きなミッションとしています。

職人枠、企画枠、デザイナー枠、営業枠、職種に限らず、新しく採用をお考えの方は是非ご連絡いただけますと、お力になれる可能性があります。

また、産地の学校の講義の目的は、教科書的な知識習得のフォローではなく、
プログラム内でケーススタディやワークショップを行い、課題解決案を練ったり、新規事業の計画を立て、その題材を本当に実行するところまでサポートをして、事務局が事業のマネジメント機能を担うところまで構想しています。
“学校”という名前が付いているものの、“学習”という切り口で、コミュニティを形成し、さまざまなアクションを起こしていく実践の場を目指しています。

産地の学校と(産学連携のような形で)、商品企画、素材開発、企画立案、販路開拓、リブランディングなど、ご一緒できるお題をお持ちの方も、是非ご連絡をいただけますと幸いです。

産地の学校・運営事務局  宮浦より