産地の学校とは

繊維産地の活性を目指して、2017年5月14日に開校した学校です。産地の学校は、繊維企業との取り組み方、テキスタイルについての基礎知識を学ぶ基礎コースと、それに続く産地に足を運びながらインプットとアウトプットを重ねていく「ラボ」によって構成されます。

学校のテーマ
・繊維産地、アパレル産業に携わる人材の発掘と育成
・繊維産地における課題の明確化、人材マッチング、事業化(事業化支援)

取り組み
・繊維業界の専門知識や生産にかかわる知識を学ぶ講義
・産地の抱える課題に対しての事業化
・就職、転職のサポート

産地と関わる実践的なプログラムを提供
基礎講義は産地に関わるきっかけ作り、興味の重なる受講生が集うことを大切にします。繊維・アパレルの専門家を招いた講義と交流、産地研修、勉強会を重ねて知識を深めていきます。

産地の学校を構成する基礎コースとラボ

【スタディコース(基礎コース)】
・東京校
・遠州校
・ひろかわ校(近日、詳細発表予定)
・ベンベルグラボ(近日、詳細発表予定)

・ラボ(スタディコース修了の方を対象とする)

運営
株式会社 糸編